スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の回廊

4月17日火曜は休日だったが生憎の雨
18日水曜は夜から出勤だ
この期を逃すと今シーズン、雪の回廊を走る事は叶わぬと思い昼までに戻る計画で朝早くからカブプロに跨り十和田ゴールドラインを目指した

カブプロをオフタイヤに交換して初のチョイツーとなる


フロントのブレは相変わらずだが大分慣れてきた

4月も半ばを過ぎ平野部の雪は殆ど溶け田畑も土が見えている
山間部の雪もかなり溶けているだろう

浅瀬石ダムを望む交差点


画像では見難いが中央に虹の湖を形作るダム壁がある

この付近でもかなり雪解けが進んでいる
目指す雪の回廊はまだ観れるだろうか若干心配
左折して城が倉大橋へ

大川原地区


流石に路面にはもう雪は無いが路肩にはまだある

少し登った所だが


ここら辺でも路肩の雪は2m程ある

更に登った先の沖揚平地区


3m程の雪の壁
これ位の高さで両側にそそり立っていれば雪の回廊と呼んでも良いだろう

その先の城ヶ倉大橋


高所恐怖症の私は何度通っても身が竦む
冬期間は歩道通行禁止なので端から撮影

駐車場にて休憩


ここの先は旧道が下に見える崖なのだが高い雪壁に阻まれ伺う事は出来ない

そこを過ぎると青森市方面と酸ケ湯方面に別れる丁字路


右の酸ケ湯方面へ向かう

ここまでの行程で周りの雪の溶け具合を見てきたがまだまだイケる様だ

酸ケ湯温泉


酸ケ湯温泉前景


ここら辺はまだかなり雪が残っている
林道デビューは5月頃と思っていたがその考えは修正しなければならない様だ

更に先の雪の回廊を目指す


おぉ!
これ位なら雪の回廊と呼ぶに相応しい


頭上を遥か越え5~6m程の雪の壁が回廊を形作る

途中徒歩の観光客が回廊の中を歩いていた



睡蓮沼辺り


睡蓮沼は見れるのか?とテクテク階段へ

ん?階段のその上に溶け残った雪に階段が刻んである
ご丁寧に虎ロープも垂れている


んじゃ行ってみるべと登った先は雪が掘られ下りの階段が刻まれている

なんじゃトイレか!


しかも♂用のみ

観光バスの停留所になっているから催したお客が用を足すわけね

しかしお客は男性ばかりじゃないだろに
そこら辺の気配りが足りんな


む!携帯の電池残量が既に赤い
ブログに画像をアップする手間を省く為、携帯のカメラで撮影しているのだが…
次は普通のデジカメにしよう

ここ以降画像が減ります

雪の回廊を堪能しつつ国道102の十和田瀬おいらせラインへ

途中100名瀑にある松見の滝へ続く林道があるらしいが雪の回廊に塞がれ入り口すら確認出来なかった

夏来よう


奥入瀬渓流沿いを走る



子の口丁字路、十和田湖に到着


十和田湖はまだ冬の装いだ

子の口遊覧船停泊場


遊覧船の姿はない
対岸の停泊場にいるのだろう

土産物屋も営業してはおらず特に見る所はない

さぁ帰るべ

自宅から走り出してすぐ分かったが寒い

薄手の(と言っても平野部では暖かい)防水防寒手袋は選択ミスだった
操作性に難ありだったので敬遠した厚手の手袋で良かったな

平野部で10℃の気温も山間部は当然一桁
周りを高い雪壁に囲まれた雪の回廊の中は冷蔵庫の中の様なもの

少し思慮が足りなかったな

寒いのと夜出勤という事もあり早々と帰路についたのだが…

なにぃ!通行止めぇ!


ゲートには4月25日9時までとある
ゲートの脇をすり抜けられなくもないが道中何かあっても通行止めなのだから助けが通る事もない
携帯も先に進むと圏外になるだろうし何より電池残量が心許ない

十和田湖をぐるっと回り国道454号から戻るか
走ってきた十和田瀬おいらせラインを戻り奥入瀬バイパスから戻るか
…バイパスを通ろう
(この判断は正解だった事を後に知る)

バイパスと言うだけあって走り易い
悪く言えばつまらない
景色もつまらない
シーズン中、大渋滞に捕まりたくない人は通るべし

バイパスが終わり通行止めだった道に繋がる

カブプロと十和田湖


この先には展望台と駐車場があるのだがどうなっているのだろう

駐車場は利用可能だったが展望台は雪壁に阻まれ上がる事は出来ない(画像無し)

ん?駐車場出口に通り抜け出来ませんの看板が…
454号線雪崩の為…

454号線は対岸の道路だよな?
この先は454号線じゃないよな?
何度も来てるが道路が何号線かなんてあまり気にしてない

不安になる看板の出し方するなよなぁ

暫く進むと対向車とすれ違った
これで一安心

その先にも駐車場と展望台があり十和田湖の西側に降りてゆく道が454号線…だよな!やはり!
通行止め


バイパスを通る判断は正解だった事をここで確認出来た

携帯の電池も無くなった!
サッサと帰る

自宅到着


路面に流れ出た雪解け水でカブプロは大分汚れた



寒かったが雪の回廊と今シーズンの初チョイツーは満喫出来た
スポンサーサイト

いつ出来るか林道キャンツー

林道デビューすらまだだしキャンプ用具も揃えてないのに心配する必要はないのだが…

林道デビューを果たした後の次なる目標はキャンツー

だが現在の職場は連休皆無のオール夜勤

仕事上がりでマトモに寝てしまえば目覚めるのは夕方

時間をフルに使うには夜勤上がりでそのまま出発

だが無睡眠の脳みそでは楽しめないし危険だ

途中仮眠を取るなりしても夜勤の体のリズムを崩す事にもなりその後に影響が出る

意識不明になりながら仕事している自分が目に浮かぶ

しかし日が高い時間しか出来ない林道散策をメインとするならこれしかない


キャンプをメインとするならば
普通に寝て夕方にキャンプサイトに直行しキャンプを楽しみ林道散策は二の次で朝には自宅に戻るスケジュールしかない


どっちを採るか


こんな事を考えながら仕事している





班長連休ください!


ハハハ…


…笑って誤魔化されておしまい

もう寝よう
今夜も出勤だorz

続,オフタイヤ交換レビュー

4月に入っても雪が降ったり春の嵐だったりで天候不良にて延び延びとなっていたが幸い本日は晴れたので所用をこなす為、交換したオフタイヤを一皮剥き、私本人がハンドリングに馴れる為に少し走り回る事にした


雪の消えたバイパスを走る

ついでに各速度域でのハンドリングの挙動をチェック

走り出しはハンドルの小刻みなブレが気になったが慣れてきたのか帰路の最中はあまり気にならなくなった

法定制限速度以上ではブロックパターンからのブレが収まるが速度を上げようという気が起きない

フロントの接地感が感じられないのだ

ハンドルのブレは速度を上げても消える訳ではなく気にならなくなるだけであって14インチのクイックなハンドリング特性と相まって直進性に若干不安を覚える

路面にある舗装補修した後の継ぎ目や縦溝に乗るとハンドルを持って行かれるので怖い

ブロックの角がある程度丸くなり馴染めばもう少し良くなると期待しておこう


次にリアタイヤ
リアから感じるブロックの振動はそれ程気にならない
特に不具合は感じない


コーナリング
コーナリング中ハンドルがブレる感覚は感じない

しかしフロントの接地感が乏しいので尚更「リアで曲がる」感覚で走らないと怖い

リアが滑る程寝かせたり速度を出した訳ではないのでリアタイヤについては直進もコーナリングも現時点では不満は無い





オン走行総括

リアのTW28に関してはちょっと雑にシフトダウンするとスキッドする事があるが特に不満は無い
林道で本領発揮してくれれば良い
あえて不満を挙げれば固いビードで交換、パンク修理が手間


問題はフロントのTW8
もう少し細いタイヤならまだマシかな?と思う
14インチに細いタイヤがあればいいのだが残念ながら無い
17インチ化も考えたくなる
実際に林道を走ってみてどうしてもイカンとなったら着手しようと思う

ハンドリング等にリアからの影響はあるのだろうか?

前後共TW8にしたらどんな感じになるかちょっと試したい

前後のローテーションも可能となり若干懐に優しいかも

TW28に比べ、ビードも固くないし交換、パンク修理もそれ程苦にならない


しかし青森で林道を走れるのは5月頃だろう

それまでに慣れて14インチで行きたい
イジるのは面白いけど予算がね(汗)


次の休みが天気が良ければ先程開通した十和田ゴールドラインの雪の回廊を走ろうと思う
プロフィール

NB

Author:NB

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村カブ系
来場者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。