メンテナンス

今日はメンテ






リアブレーキとチェーンのメンテナンスをした

明日の休みはどうするかな

風の吹くまま気の向くまま

ノープランで走りに行くか
スポンサーサイト

リアサス&フォークオイル交換

YSSのリアサスとMOTOREXのフォークオイル(7.5W)が届いた

リアサス交換は特に難しい事もない

チャッチャと交換終了

グリスは忘れずに


続いてフォークオイル交換


前輪、フェンダーを外し

サクッとバラした

現在NB号は走行距離4000km程

左のフォークオイルはまだピンク色だったが右は金属粉が見てとれた

左右のバランスが悪かったのかな?

油面調整器を買い忘れたのでピペットで行う



10ccの所で180mmだったので2mm上で合わせる



フォークオイルはピンク色が多いのかな?

ピペットは10cc
77cc入れるので8回入れて182mmに合わせ余分なオイルを抜く

油面調整器無くてもピペットで十分だね


組み上げて終了



オイルの銘柄と粘度以外は変えていない


NB号に跨りフロントサスを沈ませてみる

…どうなんだろ?
よくわからない(^^;


買い物がてら試走

気持ち、柔らかくなった気がするがやはりよくわからない
(´・ω・`)

それよりリアサスのYSSの動きが硬い様な気がしないでもない
(-.-;

これから夏を迎え暑くなるから10Wのままで良かったかも知れない

霧と闇の白神ライン

白神ラインは6月8日に全線開通した

ドライな砂利道は好きにはなれないが行ってみたい赤石川上流の赤石ダムに続く奥赤石川林道と下流の赤石川林道が白神ラインから延びているのだ

世界遺産の関係で一般走行不可かも知れないが行かないと気が済まない


6月17日…朝から小雨がパラつく天気

仕方ない
夜勤明けなので寝た

昼過ぎ起床

食事してたら強めの雨

こりゃーいよいよダメだなと思っていたら15時には晴れ間が覗いた

どーすっかなー
日落ちるよなー…
行くだけ行ってみるか


今、考えれば危険な決断で白神ラインを目指した


自宅から75分程でアクアグリーンビレッジANMONに到着




17時15分
アタック開始




先の雨で湿り気があり全線開通で車が通り浮き砂利を跳ばしてくれてトラックが出来て前より走りやすい


17時35分
津軽峠に到着




暗門から津軽峠までは比較的イージーだったがそれ以降の道は…


キツい


まずいきなりスキー場ばりの坂下りを皮切りにアップダウンの連続

岩と言った方が適切な大き過ぎる石が埋まった道をひたすら下りると今度は上り


17時57分
弘西林道完成記念碑到着




18時07分
赤石川林道への分岐路に到着

ゲートは開いていて走行可能だ


18時11分
ゲートが閉まった奥赤石川林道入り口到着




橋が危険とかで通行止め

それにブナを切り倒したバカタレが居たらしく世界遺産の関係で一般通行禁止

赤石ダムは幻の存在となった


18時17分
赤石大橋

休憩所のNB号


18時34分
空模様と明るさが怪しい

先を急ぐ


18時37分
岩崎まで31kmの青看板

林道の31kmは長い(泣)


マズい霧が出てきた




18時41分
天狗峠到着

霧はかなり深くなってきた

見えないが日も沈んでいるだろう


18時49分
木々の深い所は最早暗い

ライト2灯にしてて良かった
ノーマル1灯じゃ無理


19時16分
完全に闇に包まれた白神ライン




19時20分
青看板が居場所の手がかり
一ツ森峠

終点まで18km


19時40分
ようやく舗装路へ

終点まではあと12km


因みに画像に映る白い点は霊的なものではなく左側の川から来る虫


19時59分
終点到着




実はここから自宅までが長い
2時間半掛かった




今回白神ラインを走破したが達成感より無事に帰宅出来た安堵感の方が大きかった

やってみなくちゃ分からないって事で日が落ちるのを覚悟で白神ラインに臨んだが…


やるもんじゃない


暗闇の林道はライン取りがライトで照らされた所から選択しなければならず一瞬のミスで事故に繋がり非常に危険だ

白神ラインは一応県道で要所々々にガードレールや反射ポールが設置されているので判断見誤って崖に直進って事は無いとは思うが保証は無い

濃霧も同様に危険だが日が落ちる時間に林道にいるスケジュールは立てちゃイカンと身を持って知る事が出来た

真似する奴は居ないだろうが真似ないようにね

イージーな県道122号線と浪岡ダム林道のマッドな洗礼

夜勤してて休みに早く寝たりすると睡眠のタイミングがズレてくる

今は14時位まで眠れない

今日(11日)もそんな感じだろう…と5時半過ぎ位に県道122号線を走ってこようと思い立った

県道122号線は青森市から酸ケ湯、十和田を結ぶ国道103号線から下湯ダムの側を通る林道で青森市まで繋がっている県道

ネットでは初心者向けの林道とあるので距離的にも難易度的にも12時までには戻れるだろうと言う計算


城ヶ倉経由で県道122号線を目指す



青森市方面と酸ケ湯方面を結ぶ国道103号の丁字路を青森市方面へ
程なくして県道122号線に入る



少し前まで積雪通行止めだったので路面はマッドな感じ





でも周りのブナの森は美しい



分岐路を左へ



城ヶ倉大橋を見上げるポイント



適度に湿った道と



マッドな道が交互に現れる



山の陰側は朝靄が立ち込めたまま



良いねこんな雰囲気



大半は走りやすいイージーな林道だ



下湯ダムの上流側と下流側に分かれる丁字路

下流側へ

濡れたアスファルト路面が白く飛んでいるがそこで林道は終了



下湯ダムに到着




帰路は青森空港脇を通り青森市浪岡経由で自宅のある黒石市へ

岩木山と青森空港

青森市にカブプロで通ってた時はよくこの道を通った

通る度に気になっていた脇道

正式名称は知らないが浪岡ダム林道と呼ぶ
地図では浪岡ダムをぐるっと回りダム壁の上に出る様だ

あ~…杉林か…

砂利の量はそれ程でもないので走りやすいがマッドな部分は多々ある

杉林が嫌いな理由に枝打ちされた杉の枝がある

ステップとシフトペダルの間に何度引っ掛かった事か
鬱陶しい事この上ない

うっ!
かなりマッドな水溜まり

水の無い左側を通る


写真を撮らなかったがこの先に大した事無いと思って渡ったらかなり深い水溜まりがあってブレーキドラムが少し浸る所があった


永らく誰も通っていないのだろう
トラックに倒木が横たわり、草が生えてきている

ダムはまだ見えてこないのか…

もはやトラックの判別が出来ない位草が生えている



杉の枝と葉の絨毯

しかも急勾配…泣ける


1速まで使って登った先には…
…マジか…
倒木が遮断ゲートとなりアウト

戻る

…って事は今度は下りの杉枝絨毯の上を行き、ブレーキ水没水溜まりをまた通らなきゃならないのか
再度泣ける


来た道を戻る

問題の水溜まりだ



右側には退かせない丸太が
左側を行く

うわっ
予想以上にマッドだ

ん!

スタックした!

ジュ~…

ヤバい!エンジンが水に浸かる!

直ぐ様泥の中に降りバックを試みる

しかし思う様にバックしない

押しても引いてもその場を前後するだけ

うわ~どうしよ~(泣)

こんな人の来ない林道の奥じゃ助けも呼べない

ヘビーなフロントなんか持ち上がらない

リアをスライドさせて方向転換…って何で丸太が転がってんだよ!

路肩に丁度丸太が転がっていてリアタイヤの動きを妨げる

試行錯誤を繰り返しカブプロのリアキャリアの最後部を持って力を込めた時…

あ、持ち上がる

拍子抜けする位軽く持ち上がった

続きを読む

岩木山百沢スキー場&白神ライン(後編)

前回の続き


県道204号から県道28号へ出た

右へ

この先には目屋ダムがある



ダム展望台に到着



目屋ダムは何やら建設工事中



何々…

目屋ダムのすぐ側に大きいダムを建設している様だ
名称は津軽ダム

デカくなるダム湖の名称は…

(´・ω・`)フーン


先へ

アクアグリーンビレッジANMONへ到着

うーん…まだ残雪があるの?

6月8日には全線開通の様だ
前回来た時は閉まっていたゲートが開いている



いよいよ白神ライン初アタック

撮影中セローの人が颯爽と私をパス
直ぐ様私も後を追ったがあちらのアベレージは30km以上
追い付けるものじゃない


白神ラインの殆どはこの様な砂利道だ

フラットダートとも違うのかな?

舗装されていないワインディングロードと言った方がいい気がする

県道28号の終点、深浦町岩崎まで



先へ



時折舗装された所が出てくる











暫く進むと



道路脇にまだ残雪がある



その先には四兵衛林道



一般通行禁止とある
ネットでは通ってる人もいる様だが…

ここ等辺でスタート時私をパスして行ったセローの人が折り返してきてすれ違った
もう津軽峠まで行ってきたんだ
やはりソレ用のバイクは違うね

先へ



トラノ沢林道入口

画像から分かる様に白神ラインは一般車が普通に通る
今はセダンやミニバンで来ている山菜採りの人が沢山いる


県外ナンバーの車も多く見られる

要所々々で舗装されている



世界遺産白神山地に観光客を呼ぶには必要なのだろう
全線舗装化も時間の問題だ


木々の開けた場所から白神山地が一望出来た





程なくして津軽峠に到着

路線バスも通る



ここから鯵ヶ沢町

直ぐ先には展望台


現時点での終点



ゲートの脇を通れなくもないが通るなと言うなら私は通らない

ここで休憩



ここから白神山地がこの様に見えるとか



こんな感じ
さて戻る

アクアグリーンビレッジANMONに到着



帰路に就いた

続きを読む

岩木山百沢スキー場&白神ライン(前編)

6月2日土曜日

前回リサーチ不足でおあずけを喰らってしまった白神ライン

管理者にリサーチを入れたが土曜で電話が通じない

以前止められたゲート前にアクアグリーンビレッジANMONというキャンプ場がある

電話してみたらまだ全線開通はしていないらしい

全線開通はいつになるのかは聞きそびれたが今は津軽峠と言う所までなら行けるとの事

地図で確認すると暗門の滝を過ぎ少しの所まで

私が立ち寄りたいその先にある赤石ダムには行けない

んー…

全線開通を待つか行ける所まで行くか…

元々はこの白神ラインを走りたいが為にカブプロにオフタイヤを履かせた

別な林道という選択肢もあるが最初に走破したいのは白神ライン

この走行の如何に因って今後のスタイル、方向性を決めたいと思っているからだが…

ウダウダ言っても始まらない

行ったはいいが崖崩れやゲートが閉まっている等でその先へ走れないのは林道には付き物だから行ける所まで行く事にする



まずは岩木山の麓にあるキャンプ場を目指す

遥か昔30数年前、小学校の頃遠足で訪れていた所に行ってみたいと思った

キャンプ場なのかスキー場なのか記憶があやふやなので兎に角行ってみる


弥生いこいの広場と言う所へ向かった

途中脇道が気になったので行ってみる事にした



細い舗装路を進む



別れ道に差し掛かり左へ

先程通った道の下を行く

走りながら撮影

舗装されているが林道と言えば林道

更に別れ道

左の砂利道を行く

直ぐ先の橋の上から沢を撮影



その先には登山口があった

流石に登山道をバイクで走るのは気が引ける


事実上初林道走破となるのか?
まぁどうでもよくなった

因みに弥生いこいの広場は遠足で訪れた地ではなかった

戻って今度は百沢スキー場へ

キャンプ場もありその横には何やら林道っぽい砂利道が続く

当然行ってみる

名前は分からないが林道だな

暫し林道を楽しむ

またまた分岐路

右へ

砂防ダム?



更に先へ



別な林道への分岐路

倒木が塞いでて行けない

またまた砂防ダムっぽいもの



林道を登る

先は林檎畑が広がり農道っぽくなったので戻る

先程の分岐路を左へ



暫く進むと視界が開け

岩木山山頂を見上げるスキー場へ着いた

残雪がアクセントになりなかなか良い眺め



スキー場を横断しリフトの真下から撮影



更に先へ



狭い林道をひた走る



大きめの砂防ダムへ辿り着いた



ちょっくら一休み



更に上を目指す

何やら砂防ダムぽいコンクリート壁が見える

砂防ダム?

土石流が発生した際デカい岩等をせき止めるものらしい

ここで行き止まり

周りは春ゼミが鳴いている


次の目的地は白神ライン
来た道を戻る

別アングルから撮影

麓の水田が霞の向こうに見える



戻り道

緑のトンネル♪

脇に逸れスキー場を横断するとスキー場の駐車場近くに出た

最後にスキー場越しに岩木山を撮影




スキー場を後にし県道3号から204号へそして白神ラインへ通ずる県道28号へ

続く
プロフィール

NB

Author:NB

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村カブ系
来場者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR