下北半島ツーリング(終)

前回の続き


…でいきなり恐山まで9kmの所



やはりここまでの間も見所が無いのだ
(-.-;


ちょっと行った所に湧き水

休憩

只今12:22
朝の2時からずっと走りっパ

疲労と飯抜きで思考が定まらない
(-_-)゚゚゚

恐山を観てからむつ市に戻り食材を仕入れてキャンプ地に向かうか

それとも恐山は明日に回し直ちにむつ市に向かい食材を仕入れてキャンプインするか


…疲労と空腹で後者を選択


むつ市内で食材を調達し薬研野営場を目指す


恐山火口の手前付近から硫黄の臭いが物凄い
(>_<)


宇曽利山湖着




この湖をスルーして薬研へ向かう狭い県道4号に乗る


…アレ!?
デジカメのバッテリー残量が残り少ない
(゚_゚;マジカ!?
フル充電したのに…

…ボツ画像が山ほどあるし電源入れっパで走ってたしなぁ
原因はソレだろな…
(-_-;


薬研温泉郷着




キャンプ場入り口




キャンプ場は橋を渡った先だ



薬研渓流は渓流らしい流れの所も当然あるがこんななだらかな流れを多く見る

川底の様子も岩盤が滑らかに削れていてというか溶かされた感じがする
温泉の影響なのかな?

受付を済ませテントを設営




…予感はしてたがデジカメのバッテリーが切れた
(/_<)

携帯で撮影も出来ただろうが携帯でカメラを使うと電池の減りが物凄く早い

携帯は連絡用で極力温存しておきたい

従って画像はここで終了
(;。;)



なので以降端折って総括(汗)


出だしのライト不点灯が暗示していたトラブルの連続

国道338号の地滑りに因るルート変更

デジカメバッテリー切れ

疲労から爆睡「かっぱの湯」に入れず

明け方に雨に降られ

ガスコンロの圧電点火端子の絶縁体が割れ着火不能に

タバコを切らしコンビニ直行、恐山はキャンセル


しかし走行中の天気は良く気持ち良く走れた




トラブル連発というか自業自得のマヌケなミス連発のツーリングだったが今回は「経験」が主目的

成功如何は問題ではない

コレはコレで有り

トラブル無しでスンナリ出来ても多分面白くないし問題点を洗い出せない

出来なかった、上手く行かなかった事を次回は…と思う事が出来る


疲れたが楽しかった
(^_^)b


走行距離 529.4km

消費燃料 8.63l

燃 費 61.34km/l


半端な終わり方をしてしまうがNB号による初下北半島&初キャンツーは是にて終了


次は何処行くかな?(^。^)
スポンサーサイト

下北半島ツーリング④

前回の続き


尻屋崎は下北半島の東の北端

マサカリの柄の先端

原発のある東通村にある

寒立馬が放牧されている所だ

東通村侵入



大間からここまで見所的なものはなかったが尻屋崎近辺の海岸線は綺麗だよ
(^_^;



尻屋崎には砕石のプラントなんかがあって放牧地に隣接している


!(゚∀゚)

馬だ馬!寒立馬!

寄り集まって何かハグハグしてる
(^_^)

寒風吹き荒ぶ冬の尻屋崎に風雪に耐え雪に埋もれた草をはみ、じっと春を待つ寒立馬

という位だから冬に見るのがオツなのであろう

冬に来れるかな?
スパイク履いたカブプロならイケるかな?

多分生身の私がムリ(-.-;

尻屋崎一体は東通村の放牧地で時間制限有りのゲートで区切られている




ゲート内にある尻屋崎灯台を目指す




11:09 尻屋崎灯台着

一般侵入が出来る時間以外は灯台近辺も寒立馬のテリトリーだ

テリトリーの証がボトボト散乱している
(^_^;

柵が張り巡らされていて一般侵入タイムはそちらに居る様なのだが寒立馬の姿は見かけない

最初の連中以外はどこに居るのやら
(-_-)゚゚゚


さて…

時刻的には昼飯時なのだが…

何もない(/_;)

仕方ないので恐山を目指す



…この後ブログの根幹を揺るがすトラブルが!!(って大袈裟)

下北半島ツーリング③

前回の続き

仏ヶ浦まではまた山の中を走る

仏ヶ浦は荒波に削られた奇岩、怪岩が約2kmに渡る風景を指す

その風景はある宗教家が霊界の入り口と称した

途中仏ヶ浦を海から見物出来る遊覧船が発着する港へ続く別れ道があるが今回はスルー


07:50 仏ヶ浦駐車場着






パッと見、トイレと熊注意の看板しかなく何じゃココは?と思ったが熊の看板の脇に遊歩道の入り口があった


超分かり辛れぇ(-_-)


遊歩道を降りていくとやっているのか?っていう風貌の食堂がありその店先には…

えー(-_-; ソンナキツイノ?


今どこよ?って案内板みると割と歩く

しかも急勾配なんでしょ?…
(-_-; ムー…


こっ、今回は見逃してやるぜ!
(`∀´;)b ビシッ



少し行った先には展望台が



木々の隙間から仏ヶ浦の海岸線が見えた



運動不足のオッサンにはこれで十分
(´∀`)

NB号と仏ヶ浦




仏ヶ浦から大間まで338号を更に北上





途中々々休みながら大間を目指す


大間町侵入




大間崎を目指す




青看板の通りに進むが細い生活道路的な道を行くのでちょっと迷う



塗装のささくれ具合が侘びしい
(/_;)


09:15 本州最北端着




クロマグロのオブジェ

(´∀`)ユウメイダネ


予定では昼食をココで取るつもりだったがちょっと早すぎる

そんじゃ次の目的地は尻屋崎だ


またまた続く

下北半島ツーリング②

前回の…

えー(-Д-;

…の続き





先の大雨で地滑り起こしてたらしい(-_-;


下北半島はその形からマサカリに例えられている

脇野沢~野平間はそのマサカリの刃の下側

今回の目的の一つ、北限の猿が見られる(かも知れない)海沿いの公園『猿の住む海辺公園』がある区間(正確には国道338号から県道175号へ入った先)

立ち寄ったコンビニで聞いた話ではその公園には行けるがそこから北上出来ないとの事

猿を見に行って迂回路から大間を目指す事も考えたがどれだけ時間をロスするか分からないので今回猿は諦め大人しく迂回路を回る事にする


5時43分むつ市内に入りJR下北駅着

初めてみるバックの山が新鮮に写る

市内を抜け国道338号をひた走る



地滑りが無ければ次の目的地は脇野沢だった



国道338号から迂回路県道46号へ
目的地の一つのかわうちダムを目指す



6時43分途中にある大滝の駐車場にて休憩







県道46号から県道253号へ





途中通行止めの区間を示す看板が

こんな看板はもっと手前に設置すべき
県外の人は地名で案内されてもピンと来ないぜ(-"-)

逸れより何より私がピンとこない(`Д´)



岩肌にへばり付く様に生える杉が水墨画チックでいい感じの風景を眺めつつかわうちダムを目指す


7時19分かわうちダム着



県道253号から国道338号へ

次の目的地は仏ヶ浦


…また続く
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR