自作エレメントの装着&走行インプレ

前回の文中ではストッパーは不要としていたが何かの拍子に外れない保障はない訳でやはりストッパーを付ける事にした


取り付けたスポンジフィルターを留める手段として先人の方々は

『針金で金網に縛りつける』『グルーガンで接着』


…等の手段を用いているが私は
P1010893.jpg
この様な針金で留める様にした


この針金ストッパーを金網の穴に画像の様にかける
P1010894.jpg



そしてスポンジフィルターを差し込む
P1010895.jpg



完成
P1010896.jpg
これならスポンジの脱着が容易で簡単に抜け落ちる事も無い




しかし青森はまだまだ梅雨明けしておらずNB号に跨る事が出来ないので装着も先延ばしにしていた




そして休日の土日


土曜は夜勤明けで雨だったし、ぐっすり眠りこけてしまった


本日、日曜も雨の予報


今にも降りそうで降ってこない空模様にヤキモキしながら取り敢えず自作エレメントの装着だけでもしようとした所…


この角の部分が干渉してはまらない
P1010899.jpg



保険として用意した純正エレメントを見てもちゃんと隙間が確保されている


無理矢理捻じ込む事も考えたが…仕方ない…作り直し!!


まぁこんな感じでバラして作り直し
P1010900.jpg



今度は当然ピタリと収まった
P1010901.jpg




空模様は芳しくないが降ったら、合羽着ときゃ何とかなんべえと県道26号津軽あすなろラインを目指した


で着いてみると濃霧
P1010903.jpg
P1010904.jpg



まぁブロックタイヤで攻める事はしないがこの霧では安全マージンを取ると普通に走るだけに終始せざるを得ない




肝心のインプレだが…


吸気音はデカくなった


振動も大きくなった様に感じる


でトルクの増大だが、NB号はドリブンスプロケをノーマル30丁から32丁にしておりショートなのでトルクが太くなったのか体感的に判別が付け辛い


それにNB号が勉強するのにも、もうチョイ距離を走らないとイカンだろ


それでもオイシイ回転数になるとトルクが太くなった様に感じる
これまたプラシーボ効果なのかも知れんが


多少アップダウンのある幹線道路でも4速ホールド、スロットルワークのみで車の流れに普通に乗って行ける


BOXの方にも手を加えたらもう少し効果は出るかもね…




おまけ


もう既にこれと同様の商品を着用している方もいるだろうが
scan 1
うん(^^)涼しい
霧の中だと寒い位だった
夏のインナーとして良いかも




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ /></a><br /><a hret=
にほんブログ村


スポンサーサイト

タペット調整と自作エアエレメント

NB号に乗り始めてから来月で2年目


走行距離8,600km程


転ばぬ先の杖的なスロットルケーブルとブレーキケーブルの注油とタペット調整を主治医に依頼


ケーブルの注油の画像は無い
別段、特殊な事はしていないから


ヘッドカバー外してるの図
P1010880.jpg


走っててタペット音が酷い訳でも無いので調整は必要無いのだが口実が欲しかった(^^;


事実、排気側は全く調整しなかった
吸気側もほんの僅かだけ




カブ110の吸気系チューンではド定番なBRDのエアクリBOX


予算の捻出のメドが中々付けられない中、ノーマルエアクリの寿命が来てしまった


今回のメンテに伴い純正のエレメントも注文
このエレメントは保険だ


御役御免となったエレメントを…


この様にバラし
P1010881.jpg


グルーガンで接着
P1010882.jpg
P1010886.jpg


デイトナのターボフィルターを124x96でカット
P1010889.jpg


装着
P1010890.jpg


脱落防止の為になにかしらストッパー的なものが必要かと思っていたがフィルターを1mm大きくカットした分抜け落ちて来そうにない


取り敢えずこのまま装着してみる


出来上がったのがもう日が暮れてからなので自作エアクリ装着&走行インプレは後日


自賠責保険更新

世の中の3連休の人は遠出する人、
メンテする人、色々でしょうが
貧乏暇なしのNBは飛び石連休で
ありんす(-_-;)
まぁ自分で望んだ事ですけどね
稼がないと(^^;

NB号の主治医をやっと見つけました(^^)

NB号のメンテ予約&パーツ発注
合わせて公道を走る上で必要な
自賠責保険の更新をしてきました
DSC_0004_20130713162127.jpg


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ /></a><br /><a hret=
にほんブログ村

青森県一周弾丸ツーリング続き

去年青森県一周弾丸ツーリングを行ったのだが時間が足りず小川原湖の手前で帰路に着き三沢八戸方面は手付かずに終わった



今回はその続きを行う


現在4時55分
8100km
01.jpg


いつものルートで城ヶ倉大橋、酸ケ湯を経由
02.jpg


傘松峠を過ぎた先で七戸町方面へ向かう国道394号へ乗る
03.jpg
04.jpg


八甲田山にはまだ雪が
05.jpg


そして前回、帰路についた交差点がある六ヶ所村の国道338号へ
06.jpg


再スタート地点まで92km
2時間も懸かってしまった(^^;
08.jpg


とにかく出発!!
07.jpg


国道338号を南下
09.jpg


ん!?変わったものが…
10.jpg
11.jpg
でも一番気になるのが…
12.jpg
どんなカットなんだろ(-_-;


八戸市街地には入らず海岸線沿いを南下


フェリー埠頭着
13.jpg


八戸漁港辺りで県道1号に乗り、蕪島神社へ
14.jpg


ウミネコ繁殖地 蕪嶋神社
16.jpg
ウミネコのウ○コ爆弾が落ちてくるのでまともに観たい人は傘が必需品(^_^;


神社の参道前に傘があるので借りるといい
19.jpg


今回も時間に余裕がある訳じゃないので寄り道は最小限(^^;
あまりウロウロしていてウ○コ爆弾にも当たりたくないし


葦毛崎展望台
23.jpg
24.jpg
25.jpg
前日まで雨天で今日のみが晴れの予報
海は霞がかっているが素晴らしい眺望だった


県道1号うみねこラインを行く


岩手県境近くで左へ
29.jpg
国道45号へ


そして県道42号へ
32.jpg


ちょっと寄り道して世増ダム、青葉湖へ
34.jpg
35.jpg
なるべく県境に近いルートを取る為だ


再度42号へ
36.jpg


県道225号と繋がる交差点を左へ
37.jpg
ショートカットする為だったのだが失敗(-_-;


迷いに迷って県道227号へ
38.jpg
立体交差の上道が227号


迷っている間、こんな感じでスクリーンとメーターの隙間に地図を挟んで走っていた(^^;
39.jpg
見た目は悪いが中々使える感じ


法光寺の千本松並木
41.jpg
県道227号を行く


…つうか狭くね?
42.jpg


法光寺着
43.jpg
左へ


うっ!1車線か…対向車来るなよ
44.jpg
元々林道で舗装した感じの道なのだろう


県道134号、国道4号を経由、県道45号へ
45.jpg
46.jpg
47.jpg


気温28℃
48.jpg
流石に出発時の装備では暑くて仕方ない
サマーウェア揃えないと(^^;


新郷村着
49.jpg
国道454号へ


キリストの墓
50.jpg
ちょっと観たくてきたのだが……


51.jpg
52.jpg
53.jpg
54.jpg
済まない
よくワカらん(-_-;


454号を十和田湖方面へ
55.jpg


秋田県境を越え
56.jpg


秋田県道128号へ
57.jpg


県境を越えないルートもあるが行った事の無い発荷峠に行きたかった


国道104号へ
58.jpg


国道103号を十和田湖方面へ
59.jpg


発荷峠
61.jpg


秋田県道2号の樹海ラインへ寄り道
63.jpg
紫明亭展望台へ


多分十和田湖を観る展望台では一番高い所にある展望台だろう
65.jpg


戻って発荷峠第一展望休憩所
67.jpg
69.jpg
紫明亭展望台より低い所にある展望台なので木々が邪魔して見えない所がある


十和田湖着
70.jpg
十和田湖はいつも走っているのでここまで来ると自分のテリトリー感が(^_^;


端折って自宅着
74.jpg




去年の青森県一周弾丸ツーリングで走り損ねたルートを走破した
これで一応、青森県一周は達成した事にする(^_^;


ついでと言っては何だがドリブンスプロケ2丁増による燃費は…


走行距離318.6km

消費燃料5.36L

燃費59.44km/L



どうなんだろ?(^_^;


8割方、山道だったが下りや4速ホールドの長距離走行が効を奏したのか思いの外、燃費低下は感じられない


50km/L前半の値になるかと思っていたが60km/L弱なら上出来と思う


山間部での4速走行がある程度可能になったスプロケ32丁は私にとって有益なカスタムだった


排気系はともかく吸気系カスタムには着手しトルクUPを図りたい




やりたい事、行きたい所はまだまだあるが金と時間が無い


貧乏暇無しを日々実践しているNBでした(^^;


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ /></a><br /><a hret=
にほんブログ村

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR