スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014冬眠開け(試走)

3連休も最終日です


北からの風が強く、寒いですが日も出ていて道路は乾いています


…って事で本格的な冬眠開けの前にNB号の調子を見る意味合いで走ってみます
2014冬眠明け試走_001
変更箇所を意識して乗り味を確かめます


………


日は出てても寒いです(--;
2014冬眠明け試走_002
30分程走り帰路に着きました(^^;




変更箇所のインプレを(^^;



まずはシフトペダル
DSCF4148.jpg
スポーツシフトペダルはダウン側が短くなっています


しかも外に張り出していました


交換時跨ってみたところ、ステップに足を置くとペダルが踵の横に触れてしっくりきませんでした


現在は張り出した分をハンマーで叩いたりバイスで締め上げたりとステー部分を真っ直ぐにして取り付けています


それでも踵に触れるのでノーマルに戻そうかどうか思案中です


でもペダルのラバーは濡れた長靴でシフトしても滑らず当初の目的は果たされています



次にグリップヒーター
2014冬眠明け試走_007
冬眠でバッテリーが弱っててすぐヒーターが動く事は出来ませんでしたがバッテリーの電圧がある程度復活するとヒーターが効いてきました


ただスロットル側は丁度良い感じで右手を暖かくしてくれましたが左側が弱い??


配線には問題ない筈…


ヒーターの位置がマズイのか?と握り位置を変えて指の根元辺りを温めるようにすると良い感じです
2014冬眠明け試走_009
2014冬眠明け試走_008
取説通りに付けたのですが…


私の個人的見解ですが左側のヒーター部分はもう少し上側に来るようにすれば良いかもしれません
2014冬眠明け試走_010



続いてリアサス
2014冬眠明け試走_012
4か月ぶりに乗ったのでYSSの乗り味は忘れてしまいましたが現在の武川は硬く感じます


プリロードは一番弱くしています


タンデム前提なのかな?


気温が暖かくなりサスが馴染んでくればもっと動くようになるでしょう(^^;



そしてナナカンパニーのNA-01ステンレスマフラー
2014冬眠明け試走_013
低速が犠牲になっているようには感じません


普通にスタート、加速します


タコメーターは付けていないので回転数は判りませんが50~60km/hのパワー、加速が違います


私のNB号はショートに振っているので最高速は「ゆわ」手前で頭打ちになりますがロングにすればもう少し伸びるでしょう




それからRVBOXとメッキヘッドカバー
2014冬眠明け試走_012
2014冬眠明け試走_010


荷物は工具類とスペアチューブ等
重量のない荷物ですので取り付けになんら問題は確認出来ませんでした


メッキヘッドカバーも光線の具合なのか今見ると普通に見えます(^^;
オイル漏れもありません




防寒装備は一応揃えましたが寒い事に変わりはありません(--;
2014冬眠明け試走_005
やはりバイクに乗って楽しいのは木々が芽吹いてからですね


それでもバイクに乗れるようになったのはうれしいです


取り敢えず恒例になりつつある十和田ゴールドラインの「雪の回廊」の走り初めで冬眠開けとします(^^)



…とその前に問題が発覚
2014冬眠明け試走_004
クロスの可倒式ステップバーの右サイドスタンド取り付け部


擦ります(--;


カット処理も含めリア17インチ化も必須かなぁ…




ちなみに普段使いのダムトラックス パイルダージェット
シールド変更しました
DAMMTRAXシールド変更
これで口元に虫の直撃を喰らわずに済みます(^^;



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ /></a><br /><a hret=
にほんブログ村




続きを読む

スポンサーサイト

RV-BOX取付方法変更

 

使い勝手の良いアイリスオーヤマのRVBOX


荷物が多くなるキャンツー以外なら大体これでカバー出来ます


これまでは工具無しで脱着可能な様にベルト留めしていましたが
Box取付方法変更_001
そのベルトをキャリアの上をくぐらせたり下をくぐらせたりと割と手間でした


頻繁ではないにしろタンデムの度にその手間を行うのは面倒
Box取付方法変更_002


その面倒を軽減するため取付方法を変更です


リアキャリアには最小限の加工を施します
Box取付方法変更_003
まぁネジ穴を開けるだけです(^^;


センターがズレているのは利用した裏側にある水抜き穴が元々ズレていたためです
Box取付方法変更_004


BOXにはキャリアに引っ掛けるクランク型の金具を取り付けました
Box取付方法変更_005


内側はこんな感じです
Box取付方法変更_006


取付強度に若干不安は残りますが脱着の容易さを優先してあとは1点留めです
Box取付方法変更_007
蝶ナットで留めます





リアキャリアにクランク型の金具を引っ掛けるのですが汎用金具なのでぴったりではなくキャリアとBOXの間に隙間が生じます
Box取付方法変更_009


その隙間を埋めるために10mm厚のスポンジ板を挟みます
Box取付方法変更_010


このスポンジはキャリアとBOXの緩衝材の役目だけではなくパンク修理時のホイールハブの下敷きの役目も兼ねさせるつもりです


内側に蝶ナットがくる様に取り付け
Box取付方法変更_013
気休めの悪戯防犯対策です


3点留めですが緩衝材のスポンジ板の効果もありしっかり留っています
Box取付方法変更_014


走行時、中で荷物が暴れて蝶ナットが緩む心配はありますがこれで様子見します
頻繁に緩む様ならダブルナットにします




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ /></a><br /><a hret=
にほんブログ村



¥210ソロストーブ



去年はキャンツーに行けませんでした


今年はどうだろう?




冬眠中カスタムの合間の息抜き工作です(^^;


焚火台で結構なお値段の二次燃焼なんちゃらのストーブを¥210で作って見ますた


こんなんです
¥210solo_storve_001
100均のアレとアレを組み合わせただけです


下には空気取り入れ口を8mmドリルでガッ!と
¥210solo_storve_002
¥210solo_storve_003


アレの内蓋を丸くくり抜きアレを差し込みました
¥210solo_storve_004
ブリキなんで金切バサミで切れました


内筒のアレは一応底部と上部の穴の径は広げています


合体
¥210solo_storve_005


新聞紙丸めて着火
¥210solo_storve_007
¥210solo_storve_008


風が強かったので一旦消えましたがなんとか炎は上がりました
¥210solo_storve_009


まぁそこそこ燃えますね
¥210solo_storve_010



しかし灰が溜まり始めると火の勢いは弱くなります
¥210solo_storve_011


完全燃焼とは行きませんでした
¥210solo_storve_012
¥210solo_storve_013


やっぱ灰が詰まってますね
¥210solo_storve_014


底部全面に穴を開ければ使えるようになるかも?
¥210solo_storve_015




内筒は一応ステンレスなので其れなりの耐久性はあるでしょうが外身はブリキですので熱、錆に対しほぼ無防備


実戦投入はどうかな?って感じの息抜き工作でした(^^;




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村





冬眠中カスタム終了d(^-^)



前回のリアサス交換で冬眠中カスタムは終了する予定でしたが車高が更に低くなった分、クロス用のサイドスタンドは長過ぎてサイドスタンドを掛けてもほぼ直立状態でした
リアサス交換1_010



今回のブツはこれ
サイドスタンド交換_001
某オークションで落としたもので適合車種、品名、品番は不明とありましたが画像から推測するに52050-GK4-930だと思います
07カブのサイドスタンドかと…
(ご存知の方、コメント頂けたら幸いです)




スタンド長が約160mm
サイドスタンド交換_002


クロス用が約200mm
サイドスタンド交換_003


40mm短いので多分イケると思います


肝心の取り付け部幅
サイドスタンド交換_004
8mm


クロス用が9mmでスカスカ感がありました


入るかな?…


すんなり入ります(^^)
サイドスタンド交換_005
…という事はクロス用が無駄に広いって事なのか…


スタッドボルトは…
サイドスタンド交換_006
左がクロス用、右が付属品
見た目ほぼ同じですね
サイドスタンド取り付け部に入れてみたところ不具合ないです


ポン付け出来ました(^^)
サイドスタンド交換_007


クロス用のサイドスタンド時
サイドスタンド交換_008
ほぼ直立状態


今回のサイドスタンド
サイドスタンド交換_009
以前07プロサイドスタンド17インチ化仕様にした時の傾きと同じくらいです(^^)



これだけ傾いていればサイドスタンドの役目は果たされるでしょう




これにて2014年度冬眠中カスタムは終了です(^^)


他にやりたい、試したいカスタムはありますが予算貯えて来季に持ち越しです(^^;


気分次第ですが(^^;



…ところで付属してきたプラキャップ…
何に使うのだろう?(-_-;
サイドスタンド交換_010





にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ /></a><br /><a hret=
にほんブログ村



冬眠中カスタム終了?



07カブのメインスタンドは07プロよりほんのり足が短かった
JA07メインスタンド交換_009
メインスタンド溶接延長したいところですが当面はリア14インチのままリアサス交換で対応します



ぶつからないとは思いますがタンデムステップとマフラーのこのギリギリの隙間は精神衛生上良くありません(-_-;)
2014タンデム化_014
リアサスが短くなればここの隙間も広がります



今回のブツはこれ
リアサス交換1_001
SP武川スーパーカブ110 JA07 リアショックアブソーバー


現在付けているYSSは350mm
リアサス交換1_002
武川は325mm



交換だけで25mmの隙間が出来る筈


早速交換
リアサス交換1_003
リアサス交換1_004
YSSと比較
リアサス交換1_005
バネ自体も巻き径もYSSの方が太いので武川が華奢に見える(^^;


予想よりちょっと広くリアタイヤと地面との隙間は28mm
リアサス交換1_006
メンテには十分です(^^)


メインスタンド接地点からの距離が長い分フロントはリアより多く浮きます
リアサス交換1_007
45mm、ホイールは外せるのでOKです(^^;


タンデムステップとマフラーの隙間は16mm
リアサス交換1_008
これだけ広がればぶつかる事はないですね


最低地上高は122mmです
リアサス交換1_009


それでもリアホイール14インチ、リアサス325mmならこのまま行けます


しかしリアを17インチ化するならばメインスタンドの延長は必須です


リアサスYSSの350mmでもメンテに十分な隙間を確保するにはどんだけ長くすればいいのか?


まぁ答えはすぐ出ますね


ノーマルメインスタンドで14インチホイール、350mmリアサスで隙間はほぼゼロなのは判っています


リアを17インチにすると増分3インチの半径1.5インチ、約40mm地上との隙間が今より必要になります


メインスタンドを40mm延長で350mmリアサス、17インチリアタイヤなら地面との隙間はほぼゼロになる筈


ならば65mmくらいの延長で325mmリアサスと同じくらいの隙間は確保出来ると予想します


…結構な延長になりますね(^^;


まぁ実際溶接延長するかは予算と気分次第(^^;
強度、重量がどれ程になるのかにも因ります
17インチホイールが入手出来なかったらそこでストップですしね
またハンターのメインスタンド加工流用でメンテに必要な隙間が確保出来るならそちらにって選択肢もあります
多分そっちの方が安上がりになりそう…


ってことでメインスタンドはそれ自体にストッパーが付いている07カブ用にまた交換して終了ですm(_ _)m


これで2014冬眠中カスタムは一先ず終了


…とは行かず問題発生





…薄々気づいてはいましたがサイドスタンドが長い
リアサス交換1_010
前後17インチのクロス用ですからね
当たり前っちゃー当たり前ですね(^^;


短いサイドスタンド探さないと…(-_-;



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



冬眠中カスタム&オイル交換

 
 

今年の青森は雪が少なく路面はアスファルトが見えています


走れない事も無いですが冬眠明けにはもう少しイジッてからです(^^;




今回はヘッドカバー交換とオイル交換です


まずはフォークオイル


前回フォークオイルを交換したのは約4000km走行時


現在は10459km
フォーク&エンジンオイル交換_001


マニュアルには明確な交換サイクルは載っていないので替えたい時が替え時


6000kmも走れば交換していいと思います


フロント周りをバラし
フォーク&エンジンオイル交換_002


メインスタンドに鉄の板を敷いて
フォーク&エンジンオイル交換_003


リアキャリアに重りを乗せフロントを浮かせます
フォーク&エンジンオイル交換_004


取り外したフロントフォーク
フォーク&エンジンオイル交換_005


フォークブーツしてても結構ホコリが溜まるもんですね
フォーク&エンジンオイル交換_006
フォークに筋が入っているので次回は全バラシール交換かな?


オイル自体はそんなに汚れていないかな?と思いましたが
フォーク&エンジンオイル交換_007
フラッシングの為にオイルを適量入れシュコシュコしたら結構なキラキラが出て来ました
フォーク&エンジンオイル交換_008


フロントフォークを取っ払い作業しやすくなったのでヘッドカバー交換です
フォーク&エンジンオイル交換_010
左がノーマル、右はメッキヘッドカバー


ヘッドカバー開けましたが別段不具合がありそうに見えません
フォーク&エンジンオイル交換_011
切粉なんかあった日にはテンションガタ落ちですが(^^;


本来であればパッキン類は全て新品にすべきですが脱脂&液体ガスケットで対応です
フォーク&エンジンオイル交換_012


これまたヘッドカバーのボルトもトルクレンチで規定トルクで締めるべきですが外した時の感覚で締めつけます
フォーク&エンジンオイル交換_013


…で交換したはいいですがメッキの質感がなんとも…


…プラッチッキー…orz


ノーマルのアルミ地金の方がよっぽど…と思うのは私だけではあるまい…(-_-;




気を取り直してエンジンオイル交換


前回は8600km時交換


10月に行われたオンツァカレーミーティング後、冬眠前にオイル交換しようと思っていたのだがそのまま冬眠


約2000kmでの交換


暖気運転でオイルを暖めて
フォーク&エンジンオイル交換_018


サクッと交換
フォーク&エンジンオイル交換_019
暖気運転くらいじゃなんとも言えないですがヘッドカバーからのオイル漏れはありません


銘柄はホンダG2です





今回はこれにて終了


作業中、注文していたブツを発送しましたメールが来ました


コレの交換で今期の冬眠中カスタムは一段落します


…が来週から青森はまた雪


冬眠から目覚めるのは今月末か、早くて中旬でしょう




にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
プロフィール

NB

Author:NB

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村カブ系
来場者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。